おりかさ裕治(日本共産党渋谷地区 都政対策相談室長)ブログ──都民のくらしと経済に活気を! 

orikasayj.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 26日

No.15 「慰安婦は必要」──橋本氏(維新の会共同代表)の暴言

2013年5月26日号

内外から批判広がる。発言を撤回、謝罪せよ!
党首、市長、政治家の資格なし、辞任すべき


 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)の「慰安婦制度が必要だ」という、耳を疑うようなとんでもない暴言にたいして、内外から大きな批判が寄せられています。人間の尊厳をこれほどまでにおとしめる発言があるで発言までしょうか。断じて許すことはできません。

 また橋下氏は5月1日に訪問した沖縄で、海兵隊の司令官に「もっと風俗を活用してほしい」と求め、司令官はあまりの発言に「凍りついた」そうです。彼は公党の党首、大阪市長という行政のトップ、そして弁護士です。人権感覚が全くマヒしているのではないでしょうか。

 しかもその後、発言を撤回、謝罪どころか、居直りを続けています。「マスコミに大誤報された」と責任をマスコミに転嫁するような発言までしています。党首としての資格がないだけでなく、市長の資格も政治家として資格も問われます。発言を撤回、謝罪し、公職は辞任すべきです。
f0267500_22175184.jpg

 同じ維新の会の共同代表である石原前東京都知事は、ことももあろうに橋下氏のこの発言を「間違ったことは言っていない」と擁護しています。石原氏も同罪です。そして、こういう発言を繰り返す党首たちをそのままにしておくようでは、日本維新の会の政党としての存立が問われていることも指摘したいと思います。


●都政ウォッチ 高すぎる国保料、国と都の財政支援を増やし、負担軽減の実現を

 国民健康保険料が大幅値上げされることは、この「通信」9号でお知らせしました。「また今年も。いま商売が原材料が上がって大変なんだよ。なんとかならないかね」とある商店主に言われました。

 昨年、介護保険料や後期高齢者医療の保険料が値上げされ、年金暮らしの方からは、「少ない年金からどんどん引かれる」という声も聞きます。こんな重い負担増はもう限界です。

 私は、東京都に緊急の負担軽減対策として、国保や介護、後期高齢者医療の三つの保険料をそれぞれ5000円軽減させるために全力をあげます。このための必要な予算は322億円です。都全体の予算のわずか0.5%です。また、値上げのおおもとにある減らされた国保の国庫負担を増やすことも必要です。


いよいよ本番間近、1か月切りました──区内全域で元気に訴えています

 5月も後半に入ろうとしています。
 いよいよ本番まで1か月。いま区内各地域で、すべての区民のみなさんに私の訴えを聞いてもらおうと宣伝を強めています。朝・夕の駅頭での訴えだけでなく、宣伝カーでの区内全域のキャラバンも始めました。下の写真は18日千駄ヶ谷で訴えたときです。
f0267500_22204939.jpg

 他党派ともいっしょになることも多く、いよいよ本番モードというところです。
 お近くにおじゃました時は、ぜひお聞きください。


●あすなろ
うれしい話がありました。子どもの同級生のお宅をあいさつで回っているときです。「鉄道会社から内定が出た」ということでした▼彼は小さい時からいわゆる「鉄男」くんでした。高校もその関係では有名なところをめざしましたが、残念ながらダメでした。別の高校を出て、専門学校で学び、そしてついに念願の鉄道会社の内定が出たのです▼お母さんからその話を聞いて、思わず「よくがんばった」といいました。若者の就職難のときに、自分の夢を実現することができて、これからが本番。「出発進行!」に拍手、拍手。
[PR]

by orikasayuji | 2013-05-26 00:00 | おりかさ通信


<< No.16 税金を使った豪華海...      No.14 ねらいは9条の改悪... >>